赤ちゃんとの外食について知っておきたいこと

赤ちゃんとの生活は、どうしても家に閉じこもりがちになります。家事や育児に追われ、たまにはお母さんも楽をしたいと思いますよね。

夕飯を外食にすれば家事の負担が少し減りますし、ママ友と一緒にランチを楽しみたいと思う時も出てくるでしょう。そんな時、気になるのが赤ちゃんとの外食デビューです。

赤ちゃんと外食を楽しむためには、さまざまな準備とマナーを心得ておくことが大切になるでしょう。そこで、赤ちゃんと外食を楽しむうえで知っておくべきマナーや注意点をご紹介していきます。

PR

いつから外食は大丈夫?

いつから外食は大丈夫?

赤ちゃんと外食を楽しむうえで、気になるのがいつから外食が可能になるかという点です。赤ちゃんを外食に連れて行くなら、首が座りはじめて生活リズムも安定し始める生後3ヶ月くらいからが良いでしょう。

首が座ると、横向き以外の抱っこでもあやすことができますし、授乳間隔が一定になっていれば、タイミングを合わせて外食することが可能になります。

また、検診で健やかに成長していると太鼓判を押してもらえる時期でもありますので、安心して外食に出かけることができるでしょう。

お店選びについて

お店選びについて

赤ちゃんと外食を楽しむなら、どんなお店を選ぶかが重要になります。お店によっては、赤ちゃんをNGとしているところもありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

赤ちゃんとの外食に適しているお店としては、ファミリーレストランが上位に上がります。これは、さまざまな家族が来店していることや、テーブルが広いこと、ベビーチェアが用意されていること、通路が広いことなど条件を満たしていることが関係しているでしょう。

赤ちゃんを連れた食事を了承していて、ファミリーレストランと同じような条件を満たしているお店なら、快適に外食を楽しむことができるはずです。

お店でのマナーについて

お店でのマナーについて

赤ちゃんとの外食を楽しむなら、きちんとマナーを守ることが大切です。まず、ベビーカーで来店する時は、入り口で折りたたむようにしましょう。

通路が広いからといってベビーカーで侵入し席まで移動するのは、自転車を持ち込んでいるようなものです。

入り口でベビーカーを預かってくれるお店もあるので、来店したときは店員にベビーカーの置き場所を聞いておくとスマートでしょう。お店によってはテラス席などでベビーカーのまま利用できる場合もありますので、事前に調べておくと安心です。

予約や個室がオススメ

予約や個室がオススメ

赤ちゃんの行動は予測できないため、急に大泣きしたり奇声を発したりすることが良くあります。普段おとなしい赤ちゃんでも初めてのお店に緊張してしまい、このような行動をとってしまうことがあるので油断は禁物です。

できるだけ周りの方に迷惑がかからないようにしたいなら、目立たない席や個室を事前に予約しておくようにしましょう。端や角の席なら人の往来も少なく赤ちゃんも落ち着きやすくなります。

また個室なら、周りに泣き声が響き渡る心配もないため、安心して外食を楽しむことができるでしょう。

授乳室やおむつ台の有無

授乳室やおむつ台の有無

赤ちゃんとの外食を楽しみたいなら、お店に授乳室やおむつ台があると便利です。時間帯によって赤ちゃんがおっぱいを欲しがる場合もありますし、急におむつを汚してしまうこともあるからです。

授乳室やおむつ台がないと、思った以上に手間取り焦ってしまうことがあります。お母さんが焦ってしまうと赤ちゃんも不安になってさらに泣いてしまうことがあるため、このような設備が充実しているとより安心できるでしょう。

口コミ情報を集めよう

口コミ情報を集めよう

赤ちゃんと初めて外食にチャレンジするなら、事前のリサーチは重要です。赤ちゃん連れがOKか、お店の雰囲気やおむつ台の有無など、調べるべき情報はたくさんあります。

しかし最も重要なのは口コミ情報とも言えるでしょう。実際に赤ちゃんを連れて来店した人たちの口コミ情報を調べれば、そのお店がどんな対応をしているのかを事前に把握することができます。

表向きは赤ちゃんを歓迎していても、実際は迷惑そうに対応されてしまうケースも多いため、口コミ情報で評判のお店を選んでおけば安心して外食にチャレンジし、楽しむことができるでしょう。

ママ友の口コミや、情報サイトの口コミを参考にし、どのお店なら気持ちよく赤ちゃんと外食できるかこまめにチェックしておくことで、急なお誘いにもすぐに対応することができます。

離乳食について

離乳食について

赤ちゃんの離乳食がスタートしている時期なら、外食時に一緒に離乳食を食べることもあるでしょう。離乳食を準備しているお店は少ないので、持参するのが前提となります。

ただ、お店によっては離乳食であっても食べ物の持ち込みをNGとする場合がありますので、事前に調べておくと安心です。

赤ちゃん用のスプーンやフォークがない場合も多いので準備しておきましょう。また、食べこぼしをカバーするためのエプロンや、ウェットティッシュ、着替えなども準備しておくと万が一汚してしまった時もすぐに対応することができます。

離乳食を携帯するのが大変な場合や、食事の時間以外の時は、おやつを持参しておくと良いでしょう。

泣きやまない場合

泣きやまない場合

赤ちゃんとの外食中にぐずりが始まり、泣き始めてしまった時はどのように対応すればよいのでしょうか。何をしても泣き止まない場合は、一度席を外してあやすことも大切です。

何分も赤ちゃんが泣き続けた状態でいると、周囲の人から冷たい視線が集まってきますし、ますます赤ちゃんは泣いてしまいます。

場所を変えることで、赤ちゃんもお母さんも周りのお客さんもリセットできますので、一度お店の外に出てみるようにしましょう。それでも泣き止まない時は外食を中断することも大切です。

赤ちゃんの気持ちと、気持ちよく食事を楽しみたい周囲の人への気配りを優先することもマナーのひとつと言えます。

初めての外食は夜より昼に

初めての外食は夜より昼に

赤ちゃんと初めて外食にチャレンジするなら、夜の外食より昼の外食の方がオススメです。なぜなら夜だと眠くなってぐずりはじめたり、ゆっくりと食事を楽しみたいお客さんが多かったりするため、赤ちゃん連れが歓迎されないことが多いからです。

昼なら生活リズムの面で赤ちゃんの負担になりにくいですし、食事を短時間で済ませて仕事に戻る人が多いため、比較的チャレンジしやすいと言えます。

お昼寝の時間に合わせて外食にチャレンジすれば、静かな状態で外食を楽しむことができるでしょう。

感染流行時 外食は控える

感染流行時 外食は控える

外食準備は万端でも、やはりインフルエンザなどの感染症が流行っている時期は控えた方が良いでしょう。ただの外出でなく座って食事をする場合、どうしても他人が触れた場所に触る回数が多くなります。

全て除菌シートでふき取ったとしても多くの人が周りにいますから、赤ちゃんが家庭内にいるよりウイルスに感染してしまう可能性が高くなってしまいます。

また食中毒が流行る時期も同様に、外食は控えた方が良いでしょう。お母さんも外食でリラックスしたいかもしれませんが、時期の良い時までもう少し待ちましょう。

荷物の負担と家事の負担

荷物の負担と家事の負担

赤ちゃんとの外食は、荷物が増えるのが悩みです。おむつや着替え、離乳食やスプーン、哺乳瓶にウェットティッシュなどいつものお出かけグッズにプラスすべきものがたくさんあるため、かえって疲れてしまうお母さんもいます。

赤ちゃんとの外食は大変な部分もありますが、食べたいものを選ぶ楽しさや、目の前まで運んでくれること、お皿を洗う手間も必要ありません。

また、外食することでお母さん自身の気持ちもリフレッシュすることができますので、家事の負担と荷物の負担のどちらがラクかを基準に検討すると良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんとの外食について知っておくべき情報をご紹介しました。お店をしっかりリサーチしておき、準備をしっかり整え、マナーを守っておけば外食はとっても楽しいものになります。

外食は面倒で大変だと決めつけずに、日頃の家事から解放されリフレッシュするためにも、赤ちゃんとの外食をもっと楽しめるようにしていきましょう。

PR