赤ちゃんを二重まぶたにしたいと考えるなら知っておきたいこと

赤ちゃんはそこに存在しているだけで可愛いものです。しかし、良く見ると赤ちゃんの目が一重まぶた。お父さんもお母さんも二重まぶたなのに、どうして生まれた赤ちゃんは一重まぶたなの?と思う方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんはこのまま一重まぶたの状態が続くのか、二重まぶたになるのはどれくらいの時期からなのか、さまざまな疑問が湧いてくることでしょう。また、一重まぶたの夫婦から生まれた赤ちゃんを、二重まぶたにすることはできるのか、気になるところではないでしょうか。

そこで、赤ちゃんの二重まぶたについての情報と、一重まぶたの赤ちゃんを二重まぶたにする方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

PR

産まれたときは一重まぶたが多い?

産まれたときは一重まぶたが多い?

パッチリな二重まぶたを期待していたのに、産まれてきたときに赤ちゃんが一重まぶただとガッカリしてしまうお母さんがいます。ただ、産まれたときに一重まぶただからといって、将来そのまま一重まぶたが続くというわけではありません。

実は、産まれたときの赤ちゃんは、その多くが一重まぶたをしています。原因は、赤ちゃん特有のぽっちゃりとした体型です。

産まれてからしばらくの間は寝ていることが多く、起きているときは授乳しているだけのことが多いので、体型はぽっちゃりしているのが通常です。身体がぽっちゃりしているという事は、顔もふっくらしていることが多く、その結果一重まぶたに見えてしまっているのです。

二重まぶたになる時期は

二重まぶたになる時期

産まれたばかりの赤ちゃんは、ぽっちゃりしているので一重まぶたになっていることが多いです。では、二重まぶたになっていくのは、いつぐらいからなのでしょうか。

赤ちゃんの体質にもよりますが、身体を動かせるようになって少しずつ消費カロリーが増えてくる時期に、二重まぶたに変化していくことが多いようです。

早い赤ちゃんなら、生後3ヶ月から二重まぶたになることがあります。積極的に顔を動かしたり、寝返りを打ったり、お座りにチャレンジしたりする赤ちゃんほど、早い傾向にあるようです。

赤ちゃんによって積極的に身体を動かしたがる子もいれば、大人しい子もいるため、1歳を過ぎてつかまり立ちができるようになった頃に二重まぶたになることもあります。

幼少期からの二重まぶたに

幼少期からの二重まぶた

産まれたばかりの赤ちゃんは、ぽっちゃりした体型なので一重まぶたであることが多くみられます。

身体を動かせるようになってくると、徐々に二重まぶたに変化していくことがありますが、赤ちゃんの時期を過ぎて、幼少期に二重まぶたになる場合もあります。

走り回っていろんな身体の動かし方を覚える3歳くらいになってから二重まぶたになる子もいるようです。赤ちゃんの頃は大人しくて、お座りやハイハイも遅めだったけれど、3歳になって公園で遊ぶのが楽しくなってきた時期から体型が変化していき、二重になる傾向が多いようです。

思春期からの二重まぶたに

思春期からの二重まぶた

一重まぶたから二重まぶたになるタイミングとしては、赤ちゃんの時期と、幼少期に分けられますが、最も遅い場合だと、思春期まで一重まぶたが続く場合もあります。

思春期は、成長ホルモンの分泌が活発になり、男性は男性らしく、女性は女性らしく体型が大きく変化する時期です。そのため、思春期で体形が変わる時期に二重まぶたになるケースもあります。

思春期で急に背が伸びて、ぽっちゃり体型からやせ型に変化したことから、二重まぶたになることが多いようです。

このように、一重まぶたから二重まぶたになるタイミングとしては、消費カロリーの変化と体形の変化が大きく関係していると言えるでしょう。

二重まぶたは遺伝するの?遺伝子の関係性

遺伝子の関係性

赤ちゃんが一重まぶたで産まれてくると、どうして?と疑問に思う夫婦の方もいらっしゃるでしょう。ぽっちゃり体型が関係しているとはいえ、お父さんもお母さんも二重まぶたなのに、どうして一重まぶたなの?と思ってしまうからです。

では、二重まぶたは両親から遺伝されるものなのでしょうか。実は、二重まぶたは優性遺伝で、一重まぶたよりも赤ちゃんに遺伝する確率が高いのです。

一重まぶたのお父さんと、二重まぶたのお母さんから赤ちゃんが産まれてくる場合、二重まぶたの赤ちゃんが産まれる確率の方が高くなるという事です。

とはいえ、二重まぶたの赤ちゃんが産まれてくる確率が100%になるわけではありません。二重まぶたの両親から産まれた赤ちゃんでも、一重まぶたになることもあることを覚えておきましょう。

二重まぶたになる方法

二重まぶたになる方

赤ちゃんが一重まぶたで産まれてきたとしても、可愛さに変わりはありません。しかし、両親とも二重まぶたなので、ゆくゆくは二重まぶたになってほしいと願う方も多いのではないでしょうか。

最近は、美男美女の定義に二重まぶたが含まれているため、できるだけ二重まぶたになってほしいと思うケースが増えてきているのです。では、一重まぶたの赤ちゃんを、二重まぶたにするにはどのようにケアすればよいのでしょうか。

脂肪を減らす カロリー消費外で遊ぶこと

身体を積極的に動かして消費カロリーを上げるようにしましょう。首が座りはじめたり、ハイハイができるようになったりしたら、外へ遊びに行くようにしてどんどん身体を動かす機会を増やしていきます。

消費カロリーが増えて皮下脂肪が減少してくると、まぶたの脂肪も減って二重まぶたに変化しやすくなります。家の中でばかり遊んでいては、消費カロリーは増えていきませんので、積極的にお外へ出かけるようにしましょう。

二重まぶたの癖をつける場合

二重まぶたの癖をつける場合

産まれたときは一重まぶたでも、成長するうちに二重まぶたになっていくケースはたくさんあります。しかし、確実に二重まぶたになるとは限りませんから、少しでも二重まぶたになりやすいよう、何か癖をつけておいた方が良いと考える方もいらっしゃるでしょう。

時々、赤ちゃんのまぶたにアイプチで癖をつけようとするお母さんがいますが、産まれたばかりの赤ちゃんの肌はとても繊細で傷つきやすいものです。

寝ている時だから大丈夫だとアイプチを続けていると、皮膚を傷つけたり、眼球に圧力がかかったり、アイプチ中に目が開いて眼球に傷をつけてしまったりする可能性があるので、幼少期に入るまでは控えるようにしましょう。

マッサージで二重まぶたに

マッサージで二重まぶたに

二重で目のパッチリした赤ちゃんになって欲しいと願っても、大人が二重まぶたにするような方法を用いるのは絶対に止めましょう。

成人でもまぶたは最も薄い皮膚の一つと言われていますから、元々皮膚の薄い赤ちゃんならどんな悪影響が出るか分かりません。成長して脂肪が少なくなる時期になれば自然と二重になる事も多いのですからそれまで待つのが一番ですが、どうしても待てないという場合はマッサージを試してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんのまぶたを目頭から目じりに向かって指の腹でマッサージするのですが、指に力を入れずなぞる程度に止めます。赤ちゃんの肌は弾力性がありますから、マッサージしても効果が出るまでは多少時間がかかる事を覚えておきましょう。

一時的な二重まぶたになる可能性も

一時的な二重まぶた

産まれたときは一重まぶただったけれど、どうしても二重まぶたになってほしいと、アイプチなどで癖をつけるお母さんがいらっしゃいます。努力の甲斐があって、一時的に二重まぶたになることも出てくるかもしれませんが、この時期に二重まぶたになったからと言って、今後も続くとは限りません。

ご紹介したとおり、赤ちゃんの時期、幼少期、思春期と子供の体形は大きく変化していきます。その時期に二重まぶたが一重まぶたに戻ってしまう可能性だってあるのです。

赤ちゃんの身体は、産まれてから思春期を迎えるまで、驚くほど成長し続け体型も変化していきます。まぶたもそれに合わせて変化するものだと考え、できれば自然に任せるようにしましょう。

実際に兄弟にアイプチを試したお母さんがいましたが、兄は二重まぶたになったけれど、妹は一重まぶたのままで変化しなかったという結果になりました。アイプチの効果があったというよりは、もともと兄に二重まぶたの遺伝子が強く、妹には一重まぶたの遺伝子が強かったという事です。

無理やり二重まぶたにしようとして、目や皮膚を傷つけてしまうリスクの方を考えるようにしましょう。

二重まぶたは可愛い?

二重まぶたは可愛い?

赤ちゃんを二重まぶたにしたいと思っているお父さんやお母さんほど、一重まぶたで苦い経験をしてきたことが多いようです。一重まぶただと、「目つきが悪い」「愛想がない」と言われることが多いため、できれば自分の子供は二重まぶたになってほしいと願ってしまうのでしょう。

最近の日本では二重まぶたが人気ですが、実は海外に行けば一重まぶたはとても人気が高いのです。欧米人はほとんどが二重まぶたですが、日本人の一重まぶたはエキゾチックで魅力的だとして、もてはやされています。

一重まぶたをどう捉えるか、ちょっと考え方の角度を変えることで、一重まぶたでも充分魅力的だと気づくことができるでしょう。一重まぶただからダメ、と決めつけてしまっては赤ちゃん本来の可愛さも見失ってしまうのではないでしょうか。

また、内面を磨くことの大切さも失われてしまう可能性があります。一重まぶたでも可愛さは変わらない、内面も磨いてこそ本当に魅力的に見えると気づくことができれば、無理やり二重まぶたにする必要はなくなってくるでしょう。

本人の意思を尊重しよう

本人の意思を尊重しよう

赤ちゃんを二重まぶたにしようとしている人は、自分の価値観を赤ちゃんに押し付けているとも言えます。二重まぶたが良い、二重まぶたでなければダメだという考えが強いため、何とかして赤ちゃんに二重まぶたになってほしいと努力しますが、もしかしたら赤ちゃんが成長したら一重まぶたを気に入るかもしれません。

人によって価値観は様々ですし、一重まぶたを好きになる子もたくさんいます。本人の意思を尊重するためにも、赤ちゃんの頃から目をいじろうとせず、成長を見守ってあげるようにしましょう。

思春期を過ぎて一重まぶたが嫌だと相談してきたら、親の意見を伝えて一緒に考えていくようにすればいいのです。アイプチや美容整形、ダイエットなど二重まぶたになる方法はたくさんあります。

本人の意思を尊重して、一緒に考えて寄り添うことが何よりも大切だと気づけるようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんの二重まぶたに関する情報を幅広くご紹介しました。一重まぶたで産まれた赤ちゃんでも、消費カロリーの変化や、体形の変化で二重まぶたに変わっていく可能性はあります。

無理に二重まぶたにしようとせず、温かく成長を見守ってあげることが大切です。二重まぶたか、一重まぶたかという小さなことにこだわらず、赤ちゃんそのものを目いっぱい愛してあげるようにしましょう。

PR