赤ちゃんと「はちみつ」の知識 いつからいいの?何でダメなの?食べてしまったら?

甘くて幸せな気分にしてくれるはちみつには、美容効果や滋養効果があるため、毎日摂取している女性もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、大人には効果的なはちみつでも、赤ちゃんに与えてはいけません。

実際に、はちみつのラベルをチェックすると、1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えないよう注意書きがされています。ただ、何となく赤ちゃんにはちみつは良くないと知っていても、具体的にどうしてなのか知らない人はたくさんいらっしゃいます。曖昧な知識のまま赤ちゃんに誤ってはちみつを食べさせないようにするためにも、詳しい知識を得ることが大切です。

そこで、赤ちゃんにはちみつをあげるときに知っておくべき情報を、詳しくご紹介していきましょう。

PR

1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えないように

1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えないように

はちみつのラベルには、1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えないようにと注意書きがされています。実は、はちみつのラベルだけでなく母子手帳や育児書にも書かれています。

これは、1987年に厚生労働省が乳幼児にはちみつを与えないよう注意喚起を行ったからです。ここでいう乳幼児は1歳未満を指しているため、現在でも1歳未満の赤赤ちゃんには、はちみつを与えないようにすることが始動されています。

赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない理由

赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない理由

健康にいいとされているはちみつなのに、1歳未満の赤ちゃんに与えてはいけないのは何故なのでしょうか。その理由として、「ボツリヌス菌」の存在があります。

産まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、ボツリヌス菌に感染すると、乳児ボツリヌス症を発症し、治療が必要になってしまうからです。

ボツリヌス菌とは?

ボツリヌス菌とは?

ボツリヌス菌とは、食中毒を引き起こす菌の一種で、非常に毒性が強いものです。ボツリヌス菌は、土の中や井戸水に含まれていることが多いですが、休眠状態の芽胞の状態となっています。芽胞から発芽し増殖を始めると、一気に毒素を撒き散らし食中毒を引き起こしてしまいます。

ボツリヌス菌の毒素は、自然界が作り出す毒素の中でもトップクラスに位置するほど強力です。そのため、ボツリヌス菌に感染すると、最悪の場合命に関わる可能性もあります。

発芽しやすい赤ちゃんの体内

発芽しやすい赤ちゃんの体内

ボツリヌス菌は、はちみつに含まれている毒素の強い菌ですが、大人が食べても食中毒を引き起こすことはありません。それは、消化器官がしっかりと機能しているからです。

しかし、赤ちゃんの消化器官は未熟で短いため、すぐに腸までボツリヌス菌が到達してしまいます。さらに、赤ちゃんの身体は抵抗力が弱いため、ボツリヌス菌の繁殖を止めることはできなくなってしまうのです。

1歳を過ぎれば、消化器官が働くようになるためはちみつを食べても腸でボツリヌス菌が繁殖することはなく、健康に影響が出る心配はありません。

全てのはちみつに入っているの?

全てのはちみつに入っているの?

赤ちゃんにはちみつを食べさせてはいけないのは、ボツリヌス菌がはちみつに含まれているからです。しかし、全てのはちみつにボツリヌス菌が含まれているというわけではありません。

日本国内で流通している製品の中では、一部にはちみつにボツリヌス菌が含まれていると言われています。はちみつは加熱殺菌処理されていないため、どのはちみつが安全か見た目では判断することができません。だからこそ、赤ちゃんにははちみつを控える必要があるのです。

赤ちゃんがボツリヌス菌に感染どうなるの?

1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないのは、ボツリヌス菌に感染し、乳児ボツリヌス症を引き起こす恐れがあるからです。では、万が一ボツリヌス菌に感染すると、赤ちゃんにはどのような影響が出てくるのでしょうか。

便秘が続くようになる

便秘が続くようになる

赤ちゃんがはちみつを食べてボツリヌス菌に感染すると、まず便秘が続くようになります。これは、腸内でボツリヌス菌が繁殖して毒素をだし、腸の働きを弱めてしまうからです。

それまでウンチに何の問題が無かったのに、突然便秘が続くようになった場合は、食べたものにはちみつが混ざっていなかったか見直すようにしましょう。

元気がなく授乳量が減る

元気がなく授乳量が減る

赤ちゃんがはちみつを食べてボツリヌス菌に感染すると、ミルクや母乳を飲む量が減るようになります。また、母乳を吸おうとする力も弱まってくることがあるでしょう。鳴き声も弱くて元気がなく、ぐったりしり、首のすわりが緩くなったりすることもあるでしょう。

授乳量が減ったり、首のすわりが緩くなってぐったりしたりするのは、ボツリヌス菌の毒素により神経麻痺が引き起こされているからです。症状が進行するとさまざまな筋肉に広がり、呼吸困難になって命に関わる可能性もあるでしょう。

潜伏期間について

潜伏期間について

はちみつに含まれているボツリヌス菌は、感染してから発症するまで潜伏期間があります。短くて3日、長くて30日潜伏することもあるので、万が一はちみつを食べさせてしまった時は、1ヶ月位様子をみるようにしましょう。

死に至る可能性もある

赤ちゃんがボツリヌス菌に感染し、適切な治療を受けなければ、最悪の場合死に至る可能性もあります。ボツリヌス菌は筋肉に作用して神経麻痺を引き起こすため、呼吸や心臓に影響を及ぼすからです。

医師に診察を受けると、瞳孔散大や対光反射の緩慢など細かな変化も診てくれるので、はちみつを食べさせてしまった時は、必ず受診するようにしてください。

はちみつを殺菌すれば大丈夫?ダメ?

はちみつを殺菌すれば大丈夫?ダメ?

はちみつにはボツリヌス菌が含まれているため、1歳未満の赤ちゃんに与えると乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があります。しかし、菌なら加熱殺菌すれば大丈夫と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、ボツリヌス菌の耐性は非常に強くボツリヌス菌は、簡単な調理の加熱では死滅しない耐久性があります。加熱して調理に使用したとしても、1歳未満の赤ちゃんには与えないでください。沸騰させたお湯でも死滅させることはできません。100℃の温度で10分以上加熱させると、毒素自体は死滅させることができますが、芽胞は死滅せずに生き延びるため、赤ちゃんの体内に入れば増殖していく可能性があります。

そのため、加熱調理していたとしても、赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないのです。

特に注意すべき期間、月齢は?

特に注意すべき期間、月齢は?

基本的に、1歳未満の赤ちゃんにはちみつは食べさせてはいけませんが、特に気をつけたいのが産後すぐ~6ヶ月の期間です。

この時期は、母乳やミルクだけで過ごしているため、消化器官がまだ発達しきれていません。そのため、ミルクや母乳以外のものを消化する能力がない状態です。その状態ではちみつに含まれているボツリヌス菌が体内に侵入すると、あっという間に感染してしまいます。

はちみつを間違って食べさせてしまうのは、離乳食をスタートしてからになることが多いですが、テーブルの上に置きっぱなしにしていると誤飲してしまう可能性もありますし、お母さんの指についたはちみつが赤ちゃんの口に入ってしまうこともありますので、充分注意するようにしましょう。

どうしよう?間違って食べてしまった場合は?

どうしよう?間違って食べてしまった場合は?

まだ1歳未満なのに、赤ちゃんが誤ってはちみつを口に入れてしまったら、どのように対処すべきなのでしょうか。まず、口の中のはちみつを拭い、ミルクや母乳を飲ませて薄めるようにしましょう。その後病院に行きはちみつを食べてしまったことを伝えてください。

ボツリヌス菌には3日~30日と潜伏期間があるため、直ちに身体に影響が現れるわけではありません。医師と共に経過観察し、異常がある場合はすぐに処置できる体制を整えておきましょう。

もちろん、全てのはちみつにボツリヌス菌が含まれているわけではないので、誤って食べてしまっても乳児ボツリヌス症を発症しないこともあります。

しかし、市販されているはちみつのうち20本に1本はボツリヌス菌が含まれているので、必ず病院を受診するようにしておきましょう。

いつから赤ちゃんにはちみつはいいの?

赤ちゃんにはちみつを食べさせるのは、必ず1歳を過ぎてからにしてください。1歳を過ぎると消化器官も充分に発達していますし、離乳食で食べ物を消化する力をついているため、はちみつにボツリヌス菌が含まれていたとしても、繁殖することはなくなります。

離乳食がスタートした時期が遅かった方や、消化器官の発達具合が心配な方は、医師に相談してアドバイスをもらうと良いでしょう。

お母さんは食べて大丈夫?母乳に含まれないか心配

お母さんは食べて大丈夫?母乳に含まれないか心配

赤ちゃんを母乳で育てている方の場合、食べたものが血液となって赤ちゃんに与えらえるため、はちみつは控えた方が良いのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。

赤ちゃんに飲ませる母乳ですから、心配になって当然ですが、母乳を介して赤ちゃんにボツリヌス菌が感染することはないので心配はありません。はちみつにボツリヌス菌が含まれていたとしても、大人の腸なら繁殖することはありませんし、血液に混じることもありません。

そのため、お母さんがはちみつを食べていても、安心して母乳を与えることができるでしょう。

注意 意外な食べ物にはちみつ入りが多い

注意 意外な食べ物にはちみつ入りが多い

1歳未満の赤ちゃんにはちみつを食べさせてはいけませんが、気づかないうちに食べさせてしまっていることもあります。

例えば、はちみつ入りのパン、お祝いで頂いたはちみつ入りのカステラ、キャンディーに含まれているはちみつ、調味料に加えられたはちみつなど、意外とはちみつ入りの食品はたくさんあります。

市販のものを赤ちゃんに与える場合は、どんな成分が入っているか必ずチェックし、食べさせないようにしましょう。外食する時も、はちみつが入っていないか事前に確認するようにしてください。

ボツリヌス菌は100℃でも殺菌されないため、加熱調理されていたとしても感染する可能性があるということを覚えておきましょう。

1歳を過ぎれば、はちみつは優れた食材に!

1歳を過ぎれば、はちみつは優れた食材に!

1歳未満の赤ちゃんにとって、はちみつは命の危険も伴う危ない食べ物ですが、1歳を過ぎれば優れた食材に変わります。はちみつにはたくさんの健康効果がありますので、積極的に取り入れて行きましょう。

脳の発達に役立つ

脳の発達に役立つ

はちみつは、80%が糖分でできています。しかも、その糖分はブドウ糖と果糖しか含まれてないため、素早くエネルギー源になってくれます。特に、脳はブドウ糖が含まれているものからしかエネルギーを得られないため、はちみつは脳のエネルギー補給と発達に大きく役立ってくれるのです。

赤ちゃんがまだ小さい頃は、前頭葉が発達しきれていないため、夜のおしっこをガマンできずにおねしょしてしまったり、感情のまま泣いたり怒ったりすることがあります。

しかし、はちみつで栄養を補給すると、脳の発達が活発になり成長が早まるようになるのです。脳は20歳までに完成すると言われていますから、1歳を過ぎたら少しずつはちみつを摂取していくようにすると良いでしょう。

殺菌効果が役立つ

殺菌効果が役立つ

はちみつには、グルコン酸という成分が含まれているため、殺菌効果が期待できます。グルコン酸は、病院で傷口の消毒や、医療用具の消毒にも使われているものなので、その殺菌力は保証済みです。軽いやけどや口内炎に塗ると効果を発揮します。

また、風邪を引いて喉の粘膜が弱っている時も、はちみつを食べさせることで粘膜を保護し、殺菌作用により修復が早まるので大人にとってもオススメです。

生のはちみつがオススメ

生のはちみつがオススメ

健康効果をより得たい場合は、生のはちみつを食べるようにしましょう。40℃以上加熱すると成分が失われてしまうため、加熱せずにパンに塗ったりヨーグルトにかけたりして食べるようにしてください。

また、輸入はちみつだと赤道を通って加熱されることもあるため、できれば国産のはちみつを選ぶと良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんにはちみつをあげるときに知っておくべきことについて詳しくご紹介しました。はちみつにはボツリヌス菌という命に関わる猛毒の菌が含まれているため、感染を防ぐためにも1歳未満の赤ちゃんに与えてはいけません。ボツリヌス菌は非常に強く、加熱しても殺菌できないため、口に入るものにはちみつが入っていないか、必ずチェックするようにしましょう。

しかし、はちみつには健康効果もたくさん詰まっていますので、1歳を過ぎたら少しずつ与えるようにしてください。はちみつの良い部分も悪い部分も知ることで、赤ちゃんを健やかに育てていけるようにしてくださいね。

PR