赤ちゃんにチーズを食べさせるときに知っておきたいこと いつから 注意点 種類 月齢 アレルギーなど

カルシウムが豊富に含まれるチーズは、赤ちゃんの離乳食にぜひ取り入れたい食材。離乳食にチーズを使えるようになると、メニューの幅もぐっと広がります。そのままおやつに、野菜と混ぜて、ソースやスープの風味付けにと、いろいろ使い方ができることがチーズのメリット。

赤ちゃんのカルシウム補給にぜひ食べてもらいたいチーズですが、乳製品ということでアレルギーのことが心配なお母さんもいるでしょう。またチーズにはいろいろな種類があり、どんなタイプをいつ、どのような方法で、どのくらいの量をあげるべきか、迷ってしまうことも多いはず。

離乳食にチーズを取り入れたい、赤ちゃんがチーズを食べる際に知っておきたいいろいろな情報を月齢ごとの注意点と一緒にご紹介します。

PR

赤ちゃんにチーズをあげるのはいつから?

赤ちゃんにチーズをあげるのはいつから?

赤ちゃんがチーズを食べられるようになるのは、早くても離乳期中期以降になります。離乳食を始める時期には個人差がありますが、通常月齢5、6ヶ月から離乳食を始めますので、離乳食中期とは月齢7、8ヶ月目頃になります。

ただしこの段階であげられるのは、脂肪分・塩分の少ないチーズのみ、またあげ方にも工夫が必要です。

チーズの種類について

チーズの種類について

チーズは大きく分けてナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類に分けられます。ナチュラルチーズとは生乳を菌で発酵させたもので、乳酸菌も生きた状態です。プロセスチーズは一種類、あるいは2種類以上にナチュラルチーズを加熱し、再び生成したもので、スライスチーズやスティックチーズとして市販されています

ナチュラルチーズにはカッテージ、モッツァレラ、クリーム、チェダー、パルメザンなど、たくさんの種類があり、それぞれの特徴に合わせて食べ方や調理法を変えていきます。

このようにチーズといっても種類もタイプもいろいろ。赤ちゃんに食べてもらう際には、離乳食の進め方の基礎に加えてチーズに関する知識も欠かせません。まずは離乳食の進め方とチーズをあげるタイミングについて挙げてみましたのでぜひ参考にしてください。

赤ちゃんの離乳食の進め方とチーズのあげ方

赤ちゃんの離乳食の進め方とチーズのあげ方

離乳とは、母乳やミルクだけの栄養から幼児用の食事に移るプロセスのこと。離乳食を与える期間は離乳期と呼ばれ、初期、中期、後期、完了期の四段階から成り立ちます。

赤ちゃんにいつからチーズをあげていいか、この点を理解するためには、赤ちゃんの離乳期の進め方の基本や注意点をしっかり知っておく必要があります。

赤ちゃんの離乳食は大きく分けて、初期、中期、後期、完了期の四つに区分できます。赤ちゃんは離乳期が進むにつれて、食べられる食材の種類が増え、それにつれて母乳やミルクを飲む量は減り、幼児期の食事にだんだんと近づいていきます。離乳期それぞれの注意点をチーズとの関連で見ていきましょう。※参考1

離乳食初期の注意点

離乳食初期の注意点

離乳期初期のタイミングは月齢5、6ヶ月。生まれてはじめて母乳やミルク以外の食べ物を口にする大切な時期です。離乳期初期は飲みこむだけで食べられるよう、滑らかにすりつぶしたお粥などから始めます。柔らかさの目安としてはヨーグルトのようなペースト状が適当です。

この時期はまだ母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけ与える時期で、離乳食は少量ずつ、また新しい食材はひとつずつあげることが基本です。お粥以外では、にんじんやかぶなどの野菜、白身魚、お豆腐などをあげることができますが、ポイントは少しずつ焦らずにあげること。食物アレルギーのことを配慮して、新しい食材をあげるときは必ずごく少量を、午前中に食べさせるようにします。

この時期はあげられる食材の種類は少なく、チーズをあげるタイミングではありません。牛乳を含む乳製品についてはアレルゲンになる可能性がありますので、他の食べ物に慣れ、離乳がもう少し進んでからあげるようにしましょう。

離乳期中期の注意点

離乳期中期の注意点

離乳期中期とは通常生後7、8ヶ月目を指します。離乳期初期はペースト状にすりつぶしていましたが、中期に入ると舌で食べ物を押しつぶすことができるようになります。

つぶつぶが少し残った食べ物もあげるようにしましょう。固さの目安はプリンやお豆腐。ごくりと飲みこむだけでなく、舌で感触を味わえるような食べ物が理想的です。

離乳期中期にチーズをあげてもいい?いけない?

離乳期中期にチーズをあげてもいい?いけない?

離乳食中期にはお粥に加えて、野菜、お豆腐、肉・魚、卵などが加わり、初期に比べるとあげられる食材の数が増えていきます。ヨーグルトやチーズなどの乳製品も同様で、他の食材にも慣れ、離乳が順調に進んでいる場合には、様子を見ながら離乳食に加えてもいいでしょう。

ただし離乳食の進み方は赤ちゃん一人一人違っています。赤ちゃんの中には離乳食を喜んで食べてくれる子もいれば、母乳やミルクを飲む量が多く、なかなか離乳食が進まない子もいます。

離乳食中期にチーズをはじめ新しい食材を離乳食に加える場合は、他の食材に対する反応や離乳食の進み方を必ず考慮してください。ポイントは焦らずゆっくり赤ちゃんのペースに合わせることです。

離乳食中期にチーズをあげる場合の注意点

月齢7、8ヶ月目にチーズを離乳食にあげる場合、あげ方や種類・タイプ、そしてあげる量に注意しなければなりません。

この時期はまだ離乳食に塩はほとんど入れませんので、塩分が多く含まれるチーズは使わないようにしましょう。一般的にいって加工処理のされたプロセスチーズには塩分が多く含まれます。プロセスチーズのように塩分の多いチーズは避けましょう。

離乳食にカッテージチーズを取り入れる場合

離乳食にカッテージチーズを取り入れる場合

この時期にお勧めのチーズはカッテージチーズ。カッテージチーズは熟成させないチーズで、自宅で簡単に手作りできるヘルシーなチーズです。作り方は温めた牛乳にレモン汁やお酢を入れるだけ。分離したチーズをさらしなどで漉したら出来上がり。塩分や脂肪分も低く、チーズ特有の匂いやくせもありませんので、野菜や果物との相性も抜群です。タンパク質やカルシウムに加えて、ビタミンB2、ビタミンB12などの栄養素を豊富に含みます。

ただしフレッシュなチーズですので保存には注意が必要。赤ちゃんにあげる場合には新鮮なものを加熱調理した上であげるようにしましょう。もうひとつの注意事項はアレルギーのこと。牛乳が原料の食材ですので、初めてあげる際にはごく少量から始めるようにしてください。

離乳食中期に粉チーズは使える?使えない?

離乳食中期に粉チーズは使える?使えない?

パルメザンチーズを主原料とする粉チーズはくせがあまりなく、加える量を加減しやすいことがメリット。カッテージチーズから始めてとくに問題が見られないようであれば、粉チーズもこの頃から使ってみてもいいでしょう。パルメザンチーズを調味料代わりに離乳食に用いるお母さんも多いようです。

ただし粉チーズはカッテージチーズに比べるとカロリーが高いので、使い過ぎないよう十分注意しましょう。この時期にチーズを取り入れたい場合は、まずはカッテージチーズから始めたほうが安心です。

離乳期中期に他のチーズを離乳食に取り入れる場合

くせのないカッテージチーズや量を加減しやすい粉チーズだけでなく、プロセスチーズ、クリームチーズ、モッツァレラチーズなどを、この時期から離乳食に取り入れるお母さんもいます。

離乳期中期の後半になり、離乳食の進み方が順調であり、尚且つヨーグルトやカッテージチーズに対するアレルギー反応も見られないようであれば、その他のチーズに挑戦してみてもいいでしょう。

ただし量や回数は極力控えめにし、与えすぎないようう注意しましょう。どんなチーズを離乳期中期に取り入れるかは、離乳食の進み方やアレルギーの有無にもよります。

離乳食に何を入れるかについては、赤ちゃんの好みやお母さんの考え方も考慮しなければなりませんが、あれもこれもとつい欲張らないように注意し、一種類ずつ挑戦し、その都度赤ちゃんの様子を見守りましょう。

離乳食後期にチーズをあげる場合のポイントとは?

離乳食後期にチーズをあげる場合のポイントとは?

離乳食後期とは月齢9ヶ月から11ヶ月目に相当します。この頃になると歯茎で食べ物を押しつぶして食べられるようになります。柔らかさの目安はバナナのような噛み応え。野菜や肉・魚といった具材は、5mm程度の大きさにそろえてあげましょう。

離乳食後期になるとさらにたくさんの種類の食材が食べられるようになります。魚、肉、卵、果物、野菜、穀物、豆類、海草類といろいろな食べ物に挑戦できるようになり、離乳食メニューは中期よりもバラエティに富んできます。

チーズに関しても、プロセスチーズやクリームチーズなど、今までまだ試したことのないチーズを離乳食に取り入れてみましょう。ただしブリーチーズやカマンベールなどのカビチーズは与えないようにしなければなりません。

ソフトチーズについて

ソフトチーズについて

ブリーチーズやカマンベールチーズはソフトチーズといわれるタイプで、独特の味でオードブルとしていただくことの多い大人向きのチーズです。離乳食には使いにくいので神経質になる必要はありませんが、このタイプのチーズは月齢満一歳以下の赤ちゃんにはあげないほうが安心です。

海外産のナチュラルチーズにはリステリア菌が混入しているおそれがあり、リステリア菌に感染すると吐き気、筋肉痛、頭痛、下痢といった症状が発生します。もちろんすべての製品にリステリア菌が混入しているわけではありませんが、免疫力や体力のない妊婦さんや赤ちゃんはできるだけ避けたほうがいいでしょう。

離乳食完了期はそのままチーズをあげてもいい?

離乳食完了期はそのままチーズをあげてもいい?

離乳食完了期とは月齢12ヶ月から18ヶ月目に相当します。この時期になると離乳食を一日3食食べる習慣が付き、幼児期の食事にどんどん近づいてきています。この時期になると自分の手でつかんで食べることを好む赤ちゃんも出てきます。

一日3食になったとはいえ、赤ちゃんが一度に食べられる量はまだまだ少ないため、食事と食事の合間におやつタイムを設けてあげるといいでしょう。おやつタイムに自分で手に持って食べられる赤ちゃん用チーズをあげるお母さんもいます。

赤ちゃん用チーズは赤ちゃんが食べやすいような形状、食感に整えられています。またもっとも気になる塩分が控えめに配合されていますので、おやつとしてそのままあげても、離乳食メニューに加えても便利な一品です。

赤ちゃんにチーズをあげる際の注意点

赤ちゃんにチーズをあげる際の注意点についてくわしく挙げてみましょう。塩分やカロリー、そして鮮度などが重要なポイントになります。

チーズに含まれる塩分に注意

チーズに含まれる塩分に注意

赤ちゃんの離乳食は初期はほとんど加えないことが基本。離乳食中期以降になってはじめてごく少量ずつ使うようにします。この場合も大人の料理の味付けのように砂糖や塩を使うのではなく、風味付け程度に少しだけ用いるようにします。

チーズにはいろいろな種類がありますが、大多数のチーズは塩分を大目に含んでいますので、赤ちゃんの離乳食に加える際には塩分量に十分に注意する必要があります。チーズを加える量や回数は控えめに、そのままあげる場合は赤ちゃん用の塩分カットのものをあげるようにしましょう。

アレルギーが心配?一種類ずつ試すように

アレルギーが心配?一種類ずつ試すように

離乳食に新しい食材を取り入れる場合には、一品ずつ、そして少量ずつ与えることが重要です。これは万が一アレルギー症状が出たときに、どの食品がアレルゲンなのか特定しやすくするため。チーズに関しては乳製品ということもあり、離乳食に加える際には慎重に行うことが求められます。

チーズの種類は多く、それぞれに特徴的な味と風味があります。チーズを赤ちゃんに食べてもらう際には、一種類ずつ試していったほうが安心です。離乳食にチーズを加える際にはくせのないマイルドなタイプから始めましょう。

離乳食に関する疑問がある場合

離乳食に関する疑問がある場合

成長の度合いにより、チーズのあげ方をはじめ、離乳食に関する疑問点は専門知識を要する栄養士さんや医師に相談するようにしましょう。自治体によっては離乳食に関する相談のできる窓口を設けているところや、栄養士さんを派遣してくれるサービスを整えているところもあります。

離乳食の進め方やアレルゲン食品の与え方など、疑問点や不安なことなどがあれば、一人で悩まず相談したほうが安心です。

まとめ

赤ちゃんがチーズを食べる際に知っておきたいポイントをいろいろな角度からご紹介しました。カルシウムをはじめ、各種栄養を豊富に含むチーズは、ぜひ赤ちゃんに食べてもらいたい食材のひとつですが、離乳期の時期によってあげるチーズの種類を適切に選んであげることが大切です。

またチーズには塩分が多く含まれますので、離乳食完了期が終了するまでは塩分やカロリーに注意することが必要です。離乳食にチーズを取り入れる際のポイントや注意点をしっかり押さえておくようにしましょう。

※参考1 厚生労働省 離乳編
※参考 厚生労働省 諸外国における授乳・離乳のガイドライン

PR
シェア