赤ちゃんと飛行機に乗る前に知っておきたいこと

赤ちゃんと一緒に過ごす時間は、初めて体験することばかりです。初めての授乳、初めてのおむつ替え、初めての寝かしつけなど、いろいろ戸惑うこともあるでしょう。いろんな初めてづくしが続く中で、特に気を使うのが飛行機での移動です。月齢が浅い赤ちゃんの場合、初めて飛行機に乗せるとなれば心配になりますよね。

赤ちゃんの身体のことを思えば、月齢がある程度進んでからの方が安心ですが、里帰り出産や引っ越し、親戚への挨拶など、どうしても必要に駆られて飛行機に乗らなければならない時もあるでしょう。

そこで、赤ちゃんと一緒に飛行機になる場合、何に気をつけるべきか詳しくご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

PR

赤ちゃんの飛行機いつから大丈夫?

赤ちゃんの飛行機いつから大丈夫?

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る場合、いつぐらいから搭乗可能なのか気になるところではないでしょうか。航空会社によって具体的な目安は異なるものの、平均すると生後8日を過ぎた赤ちゃんなら飛行機に乗ることは可能です。

ただ、赤ちゃんの身体の負担を考えれば、生後1ヶ月を終えてからの方が良いでしょう。また、お母さんの身体にとっても、床上げ3週間と言われるように安静にして体力を回復させる必要があります。

飛行機に乗るとなれば、気圧などさまざまな刺激が加わりますので、体力を消耗してしまう可能性があるため、できれば母体が安定し、赤ちゃんの身体も落ち着いてからが理想的だと言えるでしょう。

赤ちゃんと一緒の座席は?

赤ちゃんと一緒の座席は?

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るのであれば、事前にそのことを航空会社に伝えておくべきです。航空会社によっては、赤ちゃん専用の座席が用意されていたり、優先的に席を指定したり案内されたりすることができるので、必ず伝えておくようにしましょう。

座席においては、赤ちゃん専用の座席が設置されている付近以外でいうと、後方部か、前方部の座席がオススメです。人が往来することが少ないため、赤ちゃんが人見知りしにくいのと、座席が比較的ゆったりしているので無理なく過ごすことができるでしょう。

赤ちゃんの飛行機料金はかかる?

赤ちゃんの飛行機料金はかかる?

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る場合、料金も気になるのではないでしょうか。航空会社によって違いはありますが、基本的に2歳~3歳未満の赤ちゃんで、膝の上や抱っこで過ごすのなら料金は取られません。

ただ、2歳未満の場合チャイルドシートが必要になるため、事前に貸し出しの有無を確認しておいた方が良いでしょう。航空会社によっては、チャイルドシートの準備が自前であることもあるので、準備しておかなければ搭乗できないという事もあります。

国際線、国内線の違いにより、チャイルドシートの貸し出し有無も変わってきますし、使用できるチャイルドシートの規格も異なるので、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

赤ちゃんと飛行機を乗る時の注意点

早めに空港に到着すること

早めに空港に到着

赤ちゃんと一緒に飛行機を利用するなら、早めに空港に到着しておく必要があります。なぜなら、空港という場所に赤ちゃんが慣れる必要があり、おむつや授乳など飛行機に乗る準備をしっかり終わらせておくために時間がいるからです。

また、赤ちゃんを連れているお母さんは、優先登場させてもらえるため、早めに到着しておくことでスムーズに飛行機に乗り込むことができます。

さらに、空港に向かう途中で思わぬトラブルに遭遇してしまう可能性もあるため、早めに出発しておいた方が良いと言えるでしょう。

機内の乾燥対策を忘れずに

機内の乾燥対策を忘れずに

意外と見落としがちなのが、乾燥対策です。飛行機内の湿度は20%前後と非常に低いので、体内水分量の多い赤ちゃんは特に気をつける必要があります。

まずミルクの他にも、ペットボトルの水を機内に持ち込んで少しずつ飲ませましょう。そのままでも哺乳瓶に入れ替えても良いのですが、頼めば蓋つきのコップとストローをくれるので、赤ちゃんが飲みやすいようにセットしておくのがポイントです。

大人には何て事のないものですが、赤ちゃんにとっては辛い時間となりかねないので、お母さんが頻繁に様子をチェックするよう気をつけてください。

また、肌が乾燥してかゆくなると赤ちゃんのぐずぐずが収まらないので、それを避けるためにもベビー用のスキンケアグッズはすぐ取り出せるよう、バッグの中に入れておきましょう。

ワクチン接種で感染対策を

ワクチン接種で感染対策を

特に海外に旅行に行く前には、ワクチン接種を済ませているかどうか確認しましょう。海外では結核や風しん・水痘のワクチン接種義務がない国があり、いくらお母さんから免疫をもらっていたとしても、免疫力の低い赤ちゃんでは空港内の人ごみの中でも感染してしまう可能性があります。

国内でも毎年ウイルスが流行していますから、目的地の感染症の情報などを集めて、最悪の場合は旅行を諦める可能性も考えておきましょう。また、お母さんから赤ちゃんに感染する可能性も少なくありませんから、感染症が流行している時はお母さんもマスクの着用を忘れないように。

また、赤ちゃんが指をなめてウイルスが侵入する可能性もあるので、赤ちゃんが触る範囲を除菌シートで拭く等、感染対策もしっかり行いましょう。

飛行機でのぐずり防止

ぐずり防止について

赤ちゃんと一緒に飛行機を利用する場合、心配なのがぐずったり泣いたりしないかという事です。初めての飛行機となれば、普段おとなしい赤ちゃんでも泣きだしてしまう可能性があるでしょう。

ぐずりや泣きだし防止の対策として、さまざまな準備をしておく必要があります。まず、赤ちゃんがリラックスできるようにお母さんがしっかりと抱っこし、スキンシップを取っておくようにしましょう。

搭乗する前に授乳を済ませ、おむつも新しいものに交換しておくことで、フライト中に不快さを感じることが少なくなります。また、万が一泣き出したりぐずったりしたとき用に、哺乳瓶やおやつ、おもちゃなどを準備しておくと安心です。

あらかじめ、前後左右の人たちに赤ちゃんがいることと、迷惑をかけてしまう可能性があることを伝えておきましょう。事前にきちんと説明しておくことで、周囲の人が不快に感じる確率を下げることができるからです。また、キャビンアテンダントのサポートを借りて、できるだけ赤ちゃんがご機嫌に過ごせるように協力し合うことも大切です。

飛行機の耳抜きはどうする?

耳抜きについて

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る場合、気になるのが耳の穴にかかる気圧ではないでしょうか。大人でも離陸するときに気圧の変化が生じ、耳の穴に詰まったような感覚が芽生えてきます。

上手く耳抜きできない人は着陸まで耳の不快さが抜けないため、赤ちゃんもそれでぐずるのではないかと不安になることでしょう。

赤ちゃんの耳抜きをサポートするなら、離陸するときに授乳しておくのがオススメです。母乳やミルク、お茶など液体を飲みこむことで、耳の中の気圧を調整することができ、圧迫感や詰まった感じが生じにくくなるからです。

お茶やジュースなどを与える場合は、気圧の変化で膨張することもあるので、ストローをさす時は充分気をつけるようにしましょう。また、離陸時に飴をなめるのも効果があるようです。

とにかく気を引く

とにかく気を引く

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗っている時、ぐずりはじめたら周囲の人たちに迷惑がかかってしまいます。早く泣き止ませようとお母さんが焦ってしまうと、その気持ちを察知してますます赤ちゃんは泣いてしまうので、あわてないことが大切です。

赤ちゃんが泣きだしてしまった時は、とにかく注意を引きつけるようにしましょう。

目の前で唇を「ブルブルブルー」と振るわせたり、「いないいないばー!」と遊んで注意を引き付けたりしてみましょう。お気に入りのオモチャで気を引いたり、カラフルなぬいぐるみで遊ぼうとしたりして泣いていることを忘れさせるのもオススメです。顔に息をフッと吹きかけると、条件反射でぴたりと泣き止むことがありますので、試してみると良いでしょう。

音で落ち着かせる

音で落ち着かせる

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗っている時、ぐずりはじめたら音で落ち着かせるのもひとつの方法です。スーパーのビニール袋をポケットに忍ばせておき、ぐずりはじめたら耳元でガサガサと音を立てて様子を見ます。

ビニール袋の音は、お腹の中にいるときの音と近いため、ピタリと泣き止んだりリラックスできたりする効果があるのです。また、赤ちゃんの耳を腕や手で覆うようにして、飛行機や周りの人たちの音をシャットダウンするのも良いでしょう。静かな環境になることで、気持ちも徐々に落ち着いてくるはずです。

見える世界を制限する

見える世界を制限

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る場合、あらかじめ毛布やバスタオルなどで包み、周りの人が見えないようにし、飛行機という空間を感じさせないという方法もあります。赤ちゃんは、知らない世界を感じると不安になったり戸惑ったりしてしまい、泣き出すことがあります。

それを未然に防ぐためにも、できるだけ赤ちゃんが周りの環境を見えないように包んで、視界を制限しておくのです。赤ちゃんが見えるのは、包まれている毛布やタオルと、お母さんの顔だけという事になりますから、必要以上に不安を感じることがなくなるでしょう。

必殺のおしゃぶり

必殺のおしゃぶり

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るのがあらかじめ分かっているのなら、おしゃぶりに慣らしておくことも大切です。おしゃぶりを口にくわえることで、赤ちゃんがおっぱいを飲みたいという欲求は満たされますし、心も落ち着いてくるのでぐずる心配が軽減されます。

赤ちゃんによっては、お気に入りになるおしゃぶりの形状が異なるため、飛行機に乗る前にいろんなおしゃぶりを試して、お気に入りを見つけておくようにしましょう。

おしゃぶりを口にくわえれば泣き止むというルールを確立することができれば、飛行機であろうが、電車であろうが、気軽に利用できるようになります。ただ、おしゃぶりは飛行機や電車といった公共機関でどうしようもないときに使う、必殺技として特別にしておくことが大切です。

日常からおしゃぶりを愛用してしまうと、感受性が育たなくなってしまったり、歯並びに影響が出たりしてしまうことがあるので、注意しましょう。

やむを得ない場合は

やむを得ない場合

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る場合、事前にさまざまな準備をしておいたり、対策を練ったりしておく必要があります。しかし、それでも泣き止まない場合や、お腹が空いてどうしようもない場合、おむつが汚れてしまった場合は席を立たなければなりません。

最近は、飛行機のトイレにもおむつ替えシートが設置されているので、手間取ることなく処理することができます。母乳を上げるときに周囲の目が気になるときも、トイレを利用することで安心して与えることができるでしょう。

ただ、長時間トイレにこもりっきりになっていると他の方の迷惑になりますし、通路を通ることで赤ちゃんはたくさんの人を目にして興奮し、再びぐずってしまう恐れもあります。基本的に到着までは席を立たないよう準備しておき、やむを得ない状況だった場合にのみ、トイレを利用するようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんと一緒に飛行機を利用する場合に知っておきたいことについて幅広くご紹介しました。赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても気持ちよくフライトするためには、事前の準備が必要です。授乳やおむつ替えなどは、早めに空港に到着して済ませておき、飛行機に乗るまでにお気に入りのオモチャやおしゃぶりを見つけておくと安心です。

初めての飛行機に戸惑うことがたくさんあるでしょうが、事前に航空会社に連絡し、座席につくときには周囲に挨拶しておくことで、気持ちのゆとりが出てきます。さまざまな準備をきちんとしておき、万全の対策を取れるようにしておけば、安心して初めての飛行機を楽しむことができるでしょう。

PR